夫の言葉の暴力から解放されて幸せになろう!

旦那さんからの言葉の暴力、モラハラのお悩みはお任せください。

モラハラの傷をかばうあまり忘れてしまうもの。

モラハラ解決コンサルタントこうやまひさとです。 

 

傷ついて苦しい心。

それをかばうために時に攻撃的なってしまったり、不安に襲われ動けなくなってしまったり。

 

どうやったら幸せになれるのかな...。

 

毎日自分の心と葛藤してしまいます。

 

 

女性としての人生の喜び

f:id:homoeopathy:20170427104331j:plain

女性としての人生の喜びって何でしょう?

男性に愛されることでしょうか?

 

 

男性に愛されることも素敵ですが、もっと素敵な喜びがあるんです。

 

 

もっと素敵な喜びそれは、あなたの内側から込み上げてくる愛。

その大きな愛を他社に向かって惜しみなく放射する。

そんな力があなたの中にもあるんです。

 

 

女性としての素晴らしさを開花させる

 

 以前の私は、「ロマンチックなことがくすぐったい。」そんな性格でした。

 

愛と言うものを素直に受け取れない。

愛だの恋だの言っている人って少し変なんじゃないか?なんて思っていたんです。

 

今から考えると逆に恥ずかしい。

 

私たちはもっと柔軟に愛を受け取り、ハートの感受性を高めることができる。

 

そうする事で今まで感じたことのない世界が広がるのです。

 

 ちょっと信じられないですよね。

 

以前の私も同じように感じていたのでお気持ちわかります。

 

 

愛に対する感覚と理解を深める。

 

過去に傷ついた経験がある人と言うのは、もう傷つきたくないので硬く心を閉ざしています。

 

ハートの感じやすさゆえに心がズタズタになってしまったのかもしれません。

 

 

そういう意味では、

今大きな心の葛藤や苦しさを感じている人ほど、大きな愛を感じることの出来る感性を持っている。

そう言えると思います。

 

 

傷つく事によって閉じてしまった心。

その心はまだ感じていない多くの感情があります。

 

あなたは夫の言葉の暴力に耐えるために生まれたのではありません。

 

あなたにはもっと素敵な人生が待っている。

 

私たちはもっと豊かでもっと愛にあふれているのですけど、心を開けないので感じる事ができないのです。

 

 

 

心が閉じた状態の世界では、私には愛がなく厳しい世界に見えました。

だからずっと、ただ一生懸命生きることを続けていました。

 

 

愛を感じると言う行動。

がんばって感じるものではありません。

 

 

愛と言うものがどんな形なのかを知り、

あなたの傷ついた心に寄り添う。

 

 

あなたの内側が不安や恐怖から解放されて、やっと心を開く事ができるのです。

 

一歩ずつ歩み寄っていく。

ゆっくりていねいに。

 

 

 

再びハートを開く

  • 辛かったから心を閉ざしてしまった。
  • 悲しかったから悲しみを感じないようにしていた。
  • 怒りを表すことを許されなかったから素直な感情表現をやめてしまった。

 

あなたは過去に心を閉ざさなければ生きていけないと言う状況があったと思います。

 

 

 

 

その傷ついた自分に優しい声をかけてあげませんか?

不安や恐怖を優しく取り除いていきませんか?

 

 

 

5月25日(木)さいたま市でお茶会を開催します。

 

 

 

 

女性としての輝きを最大限に生かせる人生。

そこにあなたの本当の喜びがあると思うのです。

 

 

 閉じた心を再び開き、愛を感じる力を取り戻すお茶会。

5月25日(木)ご予定あけておいてくださいね。

 

詳細が決まったら一番にメールマガジンにてお知らせします。 

メールマガジン登録はこちら

 

f:id:homoeopathy:20170401201043j:plain

 

 ・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*

 

www.reservestock.jp

 

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*

 

春は心の季節

うつうつとした気持ちをスッキリさせませんか?

今だけお得なメールカウンセリングはコチラ↓

 

www.reservestock.jp

 

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*

 

 

 @LINE始めました 

 

お友達申請お待ちしております。

素敵なこと最優先にお届けします。

 

友だち追加

f:id:homoeopathy:20170409135524p:plain

http://qr-official.line.me/L/IQFXeRbKrP.png